家作りの第一歩はココから!

坪単価に騙されない

今まで家にかかる費用について見てきましたが、業者がそれを逆手に取り、依頼者を騙そうとしてくる場合があります。

 

住宅の広告を見ていると、すぐに目に付くのが坪単価です。昨今では坪単価30万円以下ですよ!という謳い文句の元に、お客さんを集めている業者もいるようです。ところが実際に行って話を聞いてみた所、結局は他の業者と同じような値段になるじゃないか…となりがちです。

 

つまりこの坪単価のカラクリに、自分達は騙されてしまうのです。ですのでそうならないためにも、坪単価というものに対して、我々はしっかりと理解しておく必要があります。ではそもそも、坪単価とは一体何のことでしょうか?

 

坪単価=施工にかかる費用全体÷施工面積(坪数)と言う計算式があります。これによって坪単価を導き出しています例えば費用が2000万円かかるとして、施工面積が40坪だったとします。すると、2000万÷40坪=坪50万円という値が出てきます。つまり一坪50万円となります。

 

見た所特に問題が無いように思えますが、ここにトラップが仕掛けられているのです。そもそもこの坪単価は、あくまで施工費用に対してに当てはまるため、その施工費用の中身によって、値段が変わってくるのです。

 

広告で使われるような坪単価にはよく、本体工事価格を使った計算がされています。つまり、それ以外の費用に関しては含まれていない…と言う状態で公示しているのです。そのため、ガスや水道管の引き入れ費用などは含まれませんし、電話線の引き入れも除外されています。そうした諸々の費用を取り除いた状態での坪単価として、広告に出している場合もあるのです。

 

特に取得コストを抑えた住宅を販売しているハウスメーカーや、低価格を売りにしている工務店などが、見栄えを良くするために行っているカラクリです。坪単価が安いからと鵜呑みにするのではなく、その裏側を注意して見て置くことが大切です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市