家作りの第一歩はココから!

部屋は増やさない

テレビや雑誌などの特集では良く、広くて豪華な住宅を紹介しています。そこにはベッドルームが2つ以上あり、ゲストルームも当然備え、収納スペースも数多くあるなど、実に便利で使いやすい家を紹介しています。狭い日本に住む我々にとっては、それが羨ましくもあり、虚しく感じることもあるでしょう。しかしアメリカなどではそれが当然であり、国によって、家に対するイメージは様々なようです。

 

そんなイメージがあるせいか、そのような家を望みがちがちですが、予算にも限度と言うものがあります。安く住宅を建てたいと考えている場合、その考えを改めなければなりません。

 

特に住宅において、この部屋の数や建具の数がコスト増の原因の一つになります。部屋を一つ作るのと、二つ作るのでは手間がかかるのはどちらでしょう?当然、二つ作る方が手間がかかります。と言う事は、時間とお金がかかる…となるわけです。安く家を建てるポイントの一つとして、部屋や壁、建具などの手間がかかる工事を、出来るだけ行わないようにすることが大切です。

 

自分の今の家族構成を考えながら、どの程度の部屋が必要なのか明確にしておきましょう。もちろん今だけではなく、将来の家族の状態も想定しておく必要があります。

 

最近の住宅では、広々とした空間を演出するため、壁を取り払い、パーティションなどで部屋を区切るなど、様々な工夫が施されています。必ずしも部屋が多ければ良いと言う訳ではありません。無理にアメリカのような広くて豪華な家にする必要などないのです。大切なのは、家族にとって必要な分だけを作る、と言う事です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市