家作りの第一歩はココから!

将来かかるコストを減らす

家の目的とは、人が快適に暮らすための手助けとなる建物の事を言います。家が無かった時代は身を守る術がなく、生涯寿命が短くなってしまいました。しかし家が出来たことによって、外敵から身を守ることが出来るようになり、その寿命が延びたわけです。

 

季節の移り変わりも、ある意味で外敵と言う事が出来ます。寒い季節に1日中外で過ごすことは命の危険性を伴います。ですが家があることで、その季節でも身の危険を感じることなく、快適に過ごすことが出来ます。これこそ、家の最大のメリットと言えるでしょう。

 

ここで、コストに関する考え方をおさらいしてみましょう。出来るだけお金をかけずに住宅を建てる…という考えがベースにあるわけですが、どこからどこまでがコストになるのでしょうか?住宅を建てるためにかかる費用だけがコスト、と言う訳ではありません。もっと別なコストがあるのです。

 

例えば張った床板が数年後に腐ってはがれてしまってはどうでしょうか?当然修繕費が必要になってきます。では水道管が破裂してしまったら?もちろんこれに関しても修繕費がかかります。勿論それ以外にも、家そのものを所有していることで発生する固定資産税や、相続するときには相続税もかかります。家を建てて終了ではなく、その後も色々とお金がかかるのです。

 

ここで外敵から身を守るための家…という話に戻ります。もし仮に壊れやすい家を建ててしまったらどうなるでしょう?最初は大丈夫かもしれませんが、徐々に問題点が噴出してくるかもしれません。その結果、修繕費ばかりがかかり、気付いたらお金が無くなってしまってた…となってもおかしくはありません。つまり、将来的に発生するお金もコストと言う事が出来るのです。

 

誰しも安く家を建てたいと考えますが、その結果将来により多くのお金を払うようではいけません。安いものを選ぶよりも良いものを選んだ方が、結果的に安く済む場合があるのです。最近では高気密、高断熱、複層ガラスなどがあり、それらを設置することで、より長く快適に過ごすことが出来るようになります。検討してみると良いでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市