家作りの第一歩はココから!

床材は用途に応じて

家には様々な用途に応じた部屋があります。3LDKと言えば、3つの部屋があり、それにリビング、ダイニング、そしてキッチンの機能を持った部屋がある家の事を言います。自分たちはそれらの部屋の機能を上手く利用することで、日々の生活を快適にしているのです。

 

さて、ここでのポイントとなってくるのが、それぞれの機能を持った部屋に応じて、床材を変えていく必要があると言う事です。何故そんなことをしなければいけないのか?と疑問に思うかもしれませんが、これからそれを説明していきます。

 

例えばキッチンを例に取って考えてみましょう。キッチンは水回り、ガス、電気などが一挙に集中している部屋です。そこで、日々の食卓に上げるための料理を作るわけです。ところがその調理最中に、誤って調理器具を床に落としてしまいます。するとどうでしょう。床に傷を付けてしまいました。1度や2度なら良いでしょうが、何度も繰り返しているうちに、床がダメになってしまう…なんてこともあるでしょう。

 

もしそれが水だったらどうでしょう?床材が木製だったばっかりに、頻繁にこぼすことで床材が段々腐って行く場合もあるわけです。そうなってしまったら大変です。床材の張り直しをするため、修理屋さんを呼ばなければならなくなるでしょう。そうすると、その分おお金がかかってきます。

 

そうならないためにも、キッチンならキッチンに適した床材にする必要があります。キッチンは水を多く使う場所ですので、防水加工の床材を使用する…などが考えられますね。同様に、耐久性についても考えておかなければなりません。それぞれの部屋に適した床材を調べて置き、無駄なコストが発生しないようにしていきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市