家作りの第一歩はココから!

予算を決める

財布の中には少ししかお金が入っていなくて、欲しいものが買えなかった…と言う思い出は誰しも持っていることでしょう。世の中は金だ!とまでは言いたくはありませんが、手に入たいと思っているモノのほとんどは、お金がかかるもの。すぐには手に入らないけれども、一生懸命お小遣いを溜めて手に入れた…というエピソードも、人によってはあるかもしれませんね。

 

家と言うものは、とても高価なものです。そう簡単に手に入るものではありません。欲しいけれども、今すぐには手に入らない。だから、子供のころと同じように、お金を溜めて購入することになるわけです。しかし、子供と大人とでは、欲しいと思うものを手に入れるための手段の部分が、決定的に違います。大人になるとある意味で、欲しいものをすぐに手に入れることが出来るようになります。

 

それはさておき、家を建てるとして具体的にどの程度のお金、つまり予算を準備することが出来るのかを、明確にする作業が必要です。もちろん、普段は自分とその周りの家族たちの生活があります。突然の病気で入院する羽目になった時のことを考えなければなりませんし、子供がいる家庭だったら、学校の入学費や交通費、給食費のことなども考えなければなりません。いざと言う時の出費のことを考えて、別にして置くお金が必要になってきます。そうすると、無理な予算設定は出来なくなるはずです。

 

ここで大切なことは、適正な予算設定にすることです。無理なく家を購入できるようにする。ローンを組むにしても、生活に支障がない程度のモノにする。これらが大切になってきます。確かに家を欲しい気持ちは分かりますが、購入することで生活に無理が来てしまっては、元も子もないのです。分相応と言う言葉が表している通り、今の自分にとって無理のない予算設定にするよう心掛けましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市