家作りの第一歩はココから!

玄関のドアを考える

玄関にあるドアについても考えてみましょう。前回の記事ではドアの種類の中には、片開きと両開きがあると説明しました。それでは今度は玄関に取り付ける場合のドアをどうするか検討してみましょう。

 

そもそも一般的なドアの材質について言えば、玄関ドアと室内ドアによって異なったモノを利用しています。玄関に関して言えば主にアルミやスチール、樹脂などが使われています。室内ドアに関してはこれらの他にも、米松やひのきなどの素材も使われているようです。

 

そして玄関ドアも同様、引き戸にするか、開き戸にするかを選ぶことになります。ここでどちらを選ぶかの重要なチェックポイントとして、防犯性と気密性を考える必要があります。

 

まず防犯に関して考えてみましょう。防犯性を高めるためには、それ相応のカギを取り付ける必要があります。しかし防犯性が高い鍵と言うものは、引き戸には対応しづらくなっているようです。逆に開き戸には防犯性が高い鍵を設置する事が出来るようです。

 

次に気密性に関しても考えてみましょう。こちらに関しても、引き戸よりも開き戸の方が気密性が高くなっています。開き戸を見てみると、閉じる際にぴったりと隙間を埋めてくれ、外気を遮断してくれます。すると、玄関先でも一定の室温を保つことが出来ます。ところが引き戸に関しては、戸とドア枠の間に隙間が生まれ、少しずつ外気が漏れ入ってきます。冬場などに玄関先が寒くなる原因はまさにこれです。

 

ここからコストについて考えてみましょう。結論から書きますと、こちらも引き戸よりも開き戸の方が安く設置することが出来ます。ですので、上記の理由も合わせて考えると、よりメリットがあるのは開き戸の方であると言う事が言えます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市