家作りの第一歩はココから!

メーカー品にこだわらない

メーカーにも様々なものがあります。スポーツ関係のメーカーでしたらナイキやアディダス、国産でしたらミズノやアシックスなどが上げられます。高級ブランドメーカーでしたら、ルイヴィトンやシャネル、グッチなどは、誰しも耳にしたことがあるでしょう。

 

家の設備を選ぶ際にも、それぞれの設備に応じて、有名なブランドメーカーがあります。しかし、有名だから…と言って購入を決めてしまってはいけません。それはいったい何故だと思いますか?

 

元来メーカー品と言うものは、広告費などに多くの費用を費やしています。そのため、元を取るべく商品や設備などの価格に転嫁しています。するとどうでしょう。メーカー品だから高いという言葉は迷信に近く、転嫁した結果の値段と言えるのです。言い換えればブランド税が載っていると言う事ですね。

 

出来るだけ出費を抑えたいなかで、そのようなブランドメーカーを選ぶべきでしょうか?否、そうではありませんよね?大切なのは機能性であって、メーカー品ではないはずです。ならば、そこまで高い商品を買わなくても良いと言えないでしょうか?ここで大切なのは、ブランドメーカーにこだわらないと言う事です。では、どういったものを選んで行けばよいでしょう?

 

そこで一つの手として、長年愛用されているようなロングセラー商品を選んではいかがでしょう。多くの人に愛用されているため、トラブルなどに関する対応ノウハウの蓄積があるため、メーカーも早急に対応出来るでしょう。しかしそれが最新などになってくると話は変わります。新しすぎるがゆえに、メーカー側にノウハウの蓄積がされておらず、結果として対応に時間がかかってしまうのです。

 

結論として、無理にメーカーにこだわるのでは無く、ノンメーカーでも評判の良い、壊れにくく使いやすい設備を選ぶことも大切です。輸入商品を利用することでさらに安く抑えることも出来ます。古くても良いものであるならば、考えて見ても良いと言えます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市