家作りの第一歩はココから!

近隣住民との問題

自分が住んでいる家の隣で、何の脈略も無く突然工事が始まったとしたら、あなたはどう思うでしょうか?ドンドンガンガンと、鳴り響く工事音。それを聞いて、良い気分であるはずがありません。

 

実は住宅建設の際に起きるトラブルとして、この周辺住民に対する配慮の部分があります。上記のように住んでいる住民からすると、何も知らされていないことから、驚き、そして怒りに変わってしまう事もあるでしょう。

 

場合によっては、近隣住民からの騒音被害のクレームが出てしまうかもしれません。そうなってしまうと大変です。折角スタートした工事もストップしてしまい、予定していた期日に完成するのが難しくなってしまいます。それになにより大変なのが、完成した後です。そのような経緯があったせいで、周辺住民とギスギスした関係になってしまうかもしれません。これは避けなければならない問題です。

 

そうならないためにも、住宅の建設工事を開始する前に、近隣住民などに対して、しっかりと挨拶をしておくことが大切です。本来は工務店などの側が挨拶をすることになっていますが、これから住まう土地です。自らの足ででも挨拶をしておくと、今後の関係がより良くなることでしょう。

 

さらにもう一つ、周辺住民とのトラブルになりやすい部分があります。それが境界問題です。書類上では間違いなく自分が購入した土地かもしれませんが、何しろ境界線と言うものは曖昧なもの。そのため、購入した土地の隣に住んでいる方とのトラブルになりやすいのです。

 

それを避けるためには、書面上だけではなく現地に赴き、境界に関して隣接する住民との合意を取り付けることが大切です。後々のトラブルを避けるためには、大切な業務とも言えるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市