家作りの第一歩はココから!

どこに建てたいのか

都市の色と言うものがあります。東京を例にしますと、多くの人を各都市に送り込んでいるターミナル駅に品川駅があります。駅の周辺はビジネス街のため、多くのビジネスマンが道を歩いています。渋谷に目を向ければ若者たちが溢れ、ファッションビルが多く立ち並んでいます。巣鴨には年配の方が多く訪れ、刺抜き地蔵が有名です。このように、その土地土地によって、訪れる人も違えば、空気感も変わってきます。

 

家を建てる土地によって、様々な空気感があるはずです。それらを感じながら、では自分はどんな土地に建てればいいのかを、明確にしておく必要があります。例えば、近くにスーパーがあって便利だから…や、病院が近くにあるので、いざと言う時はすぐに診てもらえる…などなど、色々な条件を考えられると思います。

 

ただし、闇雲に探してもいけません。ご自身の予算に合いそうな土地を探す必要があります。そもそも、土地土地によって地価と呼ばれるものがあります。地価に関する具体的な説明は別項目に譲るとして、周辺環境が良い場所だと、当然土地の値段も上がります。逆に駅から遠いなど、生活する上で少し不便な場所の場合は、他と比べて低めの値段になります。土地環境の条件に優先順位を決め、予算と考えながら選んでいくことが大切です。

 

さらにもう一つ土地を選ぶうえで注意する点があります。それは地盤に関する問題です。例えば地震などが起きた際、地面が液状化現象などで崩れてしまったらどうでしょう?その上に建っている自分の住宅が、液状化現象によって被害を受けてしまいます。2011年3月11日に起きた東日本大震災の影響で、浦安市近辺の土地が液状化してしまい、大地が崩れてしまった出来事は記憶に新しいことでしょう。

 

理想の土地が見つかったら、住宅建設に適している土地かどうか。地盤補強をする必要があるのかどうかを調査し、出来るだけ費用の掛からない選択をするようにしましょう。
※地質調査は基本的に建築業者などが調査しますが、あらかじめ自分でも調べて置くと良いでしょう

 

具体的な地盤を選ぶポイントとしては、どのような種類の土から出来ているかを調べる事です。土の種類は様々ありますが、理想としては『礫(れき)』『火山灰』等の地盤が良いようです。逆に『粘土』『砂』『盛土』等は沈下の可能性があるので注意しましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市