家作りの第一歩はココから!

どの建設業者を選ぶのか

春になると引越しの季節と言う事もあり、引っ越し業者の車が国道を走っている姿を良く見かけます。引っ越し業者も多種多様にあり、もし利用しようという方は、価格の違いやサービスの違いなどを比較し、自分に最適な業者を選ぶ形になると思います。

 

引っ越し業者にも様々な企業があるように、家を建ててくれる建築業者にも、いくつかの種類があります。そのため、初めて家を建てる人にとってはどうやって選んだら良いのか分からないも。そこで今回、業者選びに迷わないために、それぞれの特徴について見て行きましょう。

 

建設業者にも大きく分けて2つの種類があります。『ハウスメーカー』と『工務店』です。まずはじめにハウスメーカーについて見て行きましょう。街を歩けばモデルハウス公開中!と言った旗を多く見かける事かと思います。それらを展開しているのが主にこのハウスメーカーです。品質が安定しており、比較的工期が短いとされています。各種手続き等のノウハウの蓄積があり、それが強みとなっているようです。反面、既製品以外の注文には苦手としており、あくまでマニュアル通りの住宅を建てることに長けているようです。価格帯も他と比べて安めに設定しているようです。

 

次に工務店について見て行きましょう。工務店とは住宅の工事に必要な人員を手配を行うなど、専門工事業者をマネジメントする業者の事を指します。あくまで職人の工程管理をするだけで、実際の工事には参加していません。地域密着型の業者が多く、より身近な存在と言えます。もっとも工務店の中にも様々なタイプがありますので、どこまでが工務店の業務なのかは、予め確認をしておく必要があります。工期はハウスメーカーと比べると長くなります。当然価格に関しても高くなります。既製品ではなく、オリジナリティがある家を建てたいと考えている場合は、工務店に注文することになります。

 

これらのほかに、設計の部分を設計士に依頼することも出来ます。厳密には設計士という職業は無く、建築士がそれに当てはまります。ハウスメーカーには出来ない、細かな設計が可能となるため、オリジナルの家を作りたい人にとっては、欠かせない存在です。工務店内にも居る場合があり、工務店側からの紹介も可能のようです。工務店とは別の設計士に依頼する場合は、当然ですがその分だけの費用が掛かってきます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市